海外旅行

トロントからニューヨークまでたったの1ドルで行ける!?megabus.com

私がカナダ・トロントへワーキングホリデービザで滞在していた時、帰国前にアメリカに住む友人へ会いに行きました。
その時利用したのがメガバス(megabus)
友人の家はニューヨークよりのニュージャージー州だったので、ニューヨーク行かフィラデルフィア行のバスが選べましたが、友人からのリクエストでフィラデルフィア行でアメリカへ向かいました。

トロント(カナダ)からニューヨークまでが1ドル!

メガバス(megabus)は激安長距離バスで、場合によってはカナダからニューヨークまでたったの1ドルで行けたりします!

私も運よく1ドルのチケット(片道)を手に入れ、トロントからフィラデルフィアまで向かうことができました。
私がチケットを購入した時は1ドルのものがたくさんあったように記憶しているのですが、どうやら1便に1席しか1ドルのチケットは用意されておらず、早い者勝ちのようです。
ちなみに私はクリスマス直前の12月の23日にアメリカへ向かいました。いつ頃チケットを予約したかは忘れてしまいましたが、1~2か月前だったかと思います。

昼間の便と夜の便

トロントからフィラデルフィアまでは10時間前後かかりますが、昼過ぎに出て夜に着く便と、夜に出て翌日の早朝に着く便があります。
昼間だと、活動できる時間が一日潰れてしまうのでもったいないかもしれません。ですが、私の場合は一人度でしたし、夜に休憩所でバスを降りたりする時もちょっと怖かったので、昼間の便を選びました。
ずっと起きていたのですが、運転手さんが居眠りしている・・・?!シーンが何度かあり、それはそれで怖かったです。
バックミラーでしか見えないので定かではないのですが・・・。ひとまず安全に目的地に到着できて良かったです。




Wi-Fiが使える

バス内ではWi-Fiが無料で使えます。ですがかなり低速です。友達に「ちょっと遅れてるー!」など伝えるぐらいには十分ですが、動画を見たりするにはイライラしそうです(笑)

バスでカナダからアメリカへ入国

これも記憶が曖昧なのですが、カナダからアメリカへ入国する際に一度バスから降り、荷物を持って入国審査を受ける場所を通ります。横に一列に並んで荷物をベルトに乗せて、入国カードを渡して・・・という流れだったと思います。もちろんパスポートも忘れずに。
特に問題がなければ晴れてアメリカへ入国です!

※現在、アメリカは事前にESTAに登録しておかないと入国ができなくなりました。必ず3日前までには登録(14ドル必要)を済ませておいてください。




1ドルじゃなくても20~60ドルで行ける

1ドルで買えるのは運も必要なのですが、たとえ1ドルで買いそびれたとしても、バスなら鉄道や飛行機と比べてかなり安く旅行できます。
トロント―ニューヨークで50ドル前後(シーズンによる)で片道チケットを買うことができます。鉄道や飛行機だと片道だけで110ドル~220ドルぐらいするので、半額以下で買えるということですね。飛行機だと2時間のフライトで到着するのに比べて、10時間もかかるので時間とお金のどちらを取るか、ですね。

メガバスや鉄道、飛行機との比較はこちらのサイトに詳しく紹介されています↓
http://lifetoronto.jp/2016/08/summary/5287.html

上の写真は、トロントからアメリカへメガバスで向かう際、部屋のオーナーが作ってくれたクッキー。
トロント―アメリカー日本へ帰国だったので実質ここでお別れ。荷物も多かったので車でバスターミナルまで送ってくれました。本当にありがたかったです。
ちなみに、このオーナーはカナダ人で生まれた時からずーっとカナダに住んでいるけど、メガバスの存在を知らず、もちろん1ドルでアメリカに行けることを知りませんでした。私からメガバスのことを聞いて、「ボクシングデ―(クリスマス直後の大セール)に合わせて行きたい!」と興奮していました。

※バスターミナルがトロントのどこだったのか、もうすっかり忘れてしまいました。記載できずごめんなさい。記憶が衰えるのは早いですね・・・。

メガバスは、トロント―ニューヨーク(もしくはフィラデルフィア)でなくても、色んな所を走っています。
イギリスにもあるみたいなので、旅行する予定の方は是非、現地のお得な交通サービスもチェックしてみてください。

ABOUT ME
yamayo
TOEIC900点を目指す働くママ。 ズボラ・三日坊主・不器用と三拍子揃った人間ですが、便利家電や冷凍食品を駆使して時短に励み、勉強時間を作っています。夫も協力的になり、平穏に向けて歩み始めたところです。