海外旅行

子連れハワイ旅行 持って行って良かったもの

※2019.5.22現在 執筆途中です。お見苦しくてごめんなさい。
少しでも早くお届けしたくて公開しております。

子供(4歳ともうすぐ2歳)を連れて、初めてのハワイ旅行に行きました♪
子供達にとっては初めての飛行機、初めての海外(長距離!)です。
4歳と言えども、比較的感情の起伏が激し目、2歳前の子は比較的おとなしいものの、まだ言葉が通じないため、対策が必要でした。
我が家が用意して役になったアイテムをご紹介します。

親子3世代 JTBで行く初めてのハワイ旅行親子3世代(私の両親、私たち夫婦、未就学児2人)計6人で初めてのハワイ旅行に行ってきました。 両親がスポンサーとなってくれたので、...

飛行機で役立ったアイテム

タブレット

Amazon primeなら動画をダウンロードして、オフラインでも視聴可能です。(飛行機内では「機内モード」にしてください)
我が家の子供がおとなしく見ていてくれるのは「おさるのジョージ」と「こねこのチー」。
ダウンロードをし、視聴を始めてから48時間の間はオフラインで視聴可能です。(ネットにつなげば視聴時間は増えるようです。)
最近はYouTubeでも月額を払う会員になるとダウンロード&オフラインでの視聴が可能になるサービスが始まったので、YouTubeで好きなチャンネルがある場合は、それも良しですね。

カバーもあります。※リンクは9型モデルのキッズ用です

ヘッドフォン

これにした理由
・子供の耳に考慮した音量制限機能付き
・二つのヘッドホンをコードでつなぐことが可能。つまり、一台のタブレット+二台のヘッドフォンで同時に音出しが可能=兄弟げんかを防げる
・折りたためて、軽量、持ち運びやすい
・見た目がシンプルで色もかわいい

子供にスマホで動画を見せていませんか?AmazonのFire TV Stickが超おすすめ! 子供が動画(Youtube)を見たがる 子供がぐずった時のお助けアイテム、Youtube。スマホで簡単に見られるので、...

おやつ

機内食が提供される時間とお腹すく時間が読めないのと、機内食が口に合わない可能性もあるので、「空腹による不機嫌&暴走」を防ぐためにも、おやつは必須です。
空港でも待ち時間があるし、現地に着いてからもお子さんが好きなおやつを常備しておくと良いと思います。
ただ、飛行機の中だとすぐに歯磨きができるわけではないので、虫歯が気になる方は、キシリトールのタブレットがおすすめです。

我が家は旅行の数日前から、歯磨き後の習慣にしました。子供用なのでタブレット自体が小さく、2歳前の娘も喉に詰まる心配もなく、美味しそうに食べてくれました。
実際、飛行機に乗る前に夕飯を食べて、歯磨きをする!という予定が、思いのほか時間がなくて歯磨きが出来なかったのでキシリトールを食べてもらい、気持ち程度かもしれませんが、口内環境を少しでも良くできたかな?と思いました。

ストロー付きマグor水筒

航空会社によっては子供向けにはフタ付+ストローで飲み物をくれるのですが、我が家が利用した航空会社ではフタ無のストローだったので、こぼさないかヒヤヒヤしました。
危なかったのが、下の娘が、息子が使用しているテーブルを横から持ち上げようとした時でした。なんとか飲み物をこぼさずに済みましたが、あの狭い空間で座席や服、荷物がびしょびしょになったら大惨事です。
なので、娘にはストロー付きのマグを持参し、そこに水を入れてもらいました。息子用にもあったら良かったなぁと思います。

カーゼブランケット

理由
子供は暑がりで、飛行機で配られるブランケットでは暑い時があります。
ちょうど子供たちがこのブランケットにハマって、夜寝る時には欠かせないアイテムだったので念のため手荷物として持って行ったのですが、これがかなり重宝しました。暑いような寒いような、微妙な時にお腹だけ、足だけに掛けたり、ハワイ到着後もベビーカーの上からかけたりなど、出番が多かったです。軽いので持ち運びの楽。
(兄弟がいる場合は取り合いになるので人数分あると無難・・・)

持って行きたかった物

ジェットキッズ

飛行機の座席と座席の間に置き、中のシートと組み合わせると子供用のベッドにもなり、空港を移動する時にはジェットキッズの上に座って、大人が引っ張る・・・インスタでも話題の商品。
これは是非とも欲しかったのですが、我が家が利用した航空会社(ハワイアン航空)は使用不可でした。
その他、空気を入れて膨らませるオットマンのようなものも、使用不可。
購入前に使用できるか航空会社のサイトで確認した方が良さそうです。

プール・海

防水ケース

これにした理由
・ケースの上から指紋認証可能
・100円ショップのものより信用できそう

浮き輪

ホテルや旅行会社での貸し出しがある場合も。ただし、子供用はすぐ借りられてしまうので、自分でもあると安心。現地でも売っているので日本で購入していく必要はないかもしれません。

子供用水中眼鏡

両目の距離やゴムの長さを調節しやすい機能付きです。
海外だとサイズ感がわからないので日本で購入し、事前にサイズ調整をしておくことをお勧めします。
実際はあまり使いませんでしたが、息子は大喜びで、ハワイに行く前からワクワクしていました。
(2歳以下だった娘には購入していません)

お砂場セット

ホテルや旅行会社でレンタルできる場合もありますが、数に限りがあったり、破損していたりで使えないことが多かったです。2~3個スコップなどがあれば、良いかなと思います。
100円ショップでも売っているので、念のため、といった感じで購入をお勧めします。

子供用水着

ラッシュガードがあると良いと思う理由
・日焼け防止
・意外と寒く感じることがあるので
・盗撮など事件を防ぐため

水遊び用オムツ

水の中に入っても膨張しない、水泳用のおむつ。おしっこはちゃんと吸収してくれます。(普通のおむつよりは劣ります)

おむつの機能が合体した水着もあるようです。
洗う時は予洗い必須ですね・・・

ママの水着(番外編)

・日焼け防止
・産後の体系隠し→ハワイはお腹が出ていてもバーン!とビキニを着ている女性多数。ちょっとぐらい太っていると気にしていても、ハワイだとそんなこと気にしている人はほぼいません。なのでせっかくだから大胆に肌を露出するのもアリだと思います。
ただ、私は両親(特に父親)が一緒だったので、どうしても肌を露出することが嫌でした。そのため、長袖ラッシュガードにレギンス&キュロット付の水着で完全防備でした。ちょっと浮いていたかもしれませんが、堂々を着ていれば良いんです!(紫外線に弱い人もいますしね。誰もその人が抱えている事情は見た目ではわからないので、人の目を気にする必要なんてないのです!)

街中

サングラス

日差しが強いのでUVのサングラス(子供用)があると良いです。
ただし、お子さんによってはかけてくれないかも。
これも100円ショップで売っているので、試しに買って、旅行前に慣れてもらうと良いかもしれません。

帽子

日差しが強いです。麦わら帽子など、通気性のよいものがおすすめです。

Wi-Fi

親子3世代 JTBで行く初めてのハワイ旅行親子3世代(私の両親、私たち夫婦、未就学児2人)計6人で初めてのハワイ旅行に行ってきました。 両親がスポンサーとなってくれたので、...
ABOUT ME
yamayo
TOEIC900点を目指す働くママ。 ズボラ・三日坊主・不器用と三拍子揃った人間ですが、便利家電や冷凍食品を駆使して時短に励み、勉強時間を作っています。夫も協力的になり、平穏に向けて歩み始めたところです。