海外旅行

シェラトンワイキキは3世代のハワイ旅行におすすめ!充実の施設とサービスをご紹介!

3世代で行くハワイ!
JTBを利用してシェラトンワイキキホテルへ滞在しました。

親子3世代 JTBで行く初めてのハワイ旅行親子3世代(私の両親、私たち夫婦、未就学児2人)計6人で初めてのハワイ旅行に行ってきました。 両親がスポンサーとなってくれたので、...

↑こちらの記事でのご紹介していますが、今回はシェラトンワイキキに泊まるメリットをご紹介します。

シェラトンワイキキ・ホテルとは

ハワイ・ホノルルの中心街・ワイキキビーチのそのまた中心に位置し、1,636室の客室があるオーシャンフロントの大型リゾート・ホテルです。

 

ワイキキビーチの中心地で食事・買い物・遊びに困らない!

ロイヤルハワイアンセンターが目の前!

(フードコードもあり、食事に困らない)
大型ショッピングセンター「ロイヤルハワイアンセンター」がホテルの目の前にあります。

ちょうどホテルの近くの入口から入り2階に上がった所がフードコートになっているので、お昼や夕飯の調達にとても便利です。
我が家は「チャンピョンステーキ」というお店で2回ほど購入しました。

「パンダ・エクスプレス」という中華のお店も大人気でした。

センターの中にもABCストアが入っていて、ここでも軽食やドリンク、お土産が買えます。

その手前にあるのが「ホノルルクッキー・カンパニー」。
日本でも大人気のハワイのお土産です。
試食もたくさんできて、こどもには一個丸ごとくれたりして、こどもたちも大喜びでした。

私自身も大好きなので、お土産用と自分用に大量購入したところ、10個以上おまけでくれました♡
たぶん、一部欠けてしまったりして売り物にならないものだと思うのですが、味は変わらないのでものすごくうれしかったです♡

ロイヤルハワイアンセンターに入っているお店
(一部)
・ホノルルクッキー・カンパニー
・ABCストア
・アイランド・ヴィンテージコーヒー
↑朝食のアサイーボウルが大人気!
・レスポ
etc…

青空ヨガ(朝)などのアクティビティや、広場ではフラなどのショーも無料公開されていて、夕方から行くのもおすすめです。

徒歩5分に位置するDFSギャラリアに楽天ラウンジがあるよ!

免税店、DFSギャラリアもホテルのすぐそばにあります。
横断歩道を渡ったら目の前。

「ブランド物には興味がないわ」という方でも、この建物がここにあるメリットとは・・・すばり、
「楽天ラウンジ」が2階にあるということ!

楽天ラウンジは、みなさんご存じのあの「楽天」が運営する無料のラウンジです。
条件は「楽天カードを所持している」こと。

帯同者は人数制限なく、誰でも入れます。
ホテルのチェックイン前、チェックイン後の空いた時間に利用するのに便利!
ドリンク飲み放題!授乳室あり!など特典がいっぱい。

※詳しくは、また別の記事でご紹介したいと思います。

 

ABCストアも近くにあり、デリもある

ワイキキには至る所にABCストアがあるのですが、中でも「ABCストア38号店(ABCストア DELI)」はお惣菜がかなり充実しています。
ホテルから歩いて5~6分程度で、周りにたくさんお店がありよるでも明るいので比較的安全です。
早朝から24時まで開いているのもありがたい。

 




充実の施設

ビーチが目の前にある(ホテルから直接行ける)

ホテル1階を通り抜けるとプールがあり、そこを抜けるとビーチに出ることができます。
帰りは砂を落とすシャワーもあるので便利。
サンセットの時間にはたくさんの人が集まります。
お部屋の位置によっては、お部屋のバルコニー(ラナイ)から夕陽とサンセットを眺めるのも良さそう♡

子供に優しい♡深さの異なる3つのプール

プールは3つのゾーンに分かれていて、一番浅い所は30~40cmぐらいの深さです。
2歳ぐらいまでだと足がつかないと不安だと思うので、浅いプールでパシャパシャとできるのも嬉しいですね。
ウォータースライダーがあるゾーンと、大人用の深いゾーンもあります。ここでは浮き輪不可なのでお子さんと一緒の場合は注意が必要です。

タオル無料貸し出し

プールサイドにタオル貸し出し用のブースがあります。
ルームキーを見せることで人数分タオルを貸してくれます。
その際、プールが使用できる証明として腕につける紙製のブレスレット(?)を付けてもらいます。

プールにはジャグジーもあって、その一角だけはお風呂並みに温かくで気持ちいい!

夕方は意外と寒く感じたりもするので、お部屋に戻る前にジャグジーで温まってからあがるのもよさそうです♡

大人のための♡海とつながって見えるインフィニティプール

海とつながっているように見える「インフィニティプール」は16歳以上限定のプールです。大人だけで静かに楽しめる空間です♪

シェラトンワイキキホテルに泊まったならば、是非とも利用してほしい!プールです。

※料金を支払えば宿泊客でなくても利用可

レストラン・ローソン・カフェが併設されている

ホテル1階にローソンがある

日本でもおなじみの「ローソン」がホテルの1階にあります!
※ポンタカードも貯めるのには使えるみたいです。

日本の製品も販売しているので、とってもありがたいです。

ローソンで買える便利な品々

・おむつ(ザイズ限定かも)
・おしりふき
・日本の薬(風邪薬等)
・おにぎり、そばなどの和風お弁当
  ※でも、お米がちょっとパサパサしていて・・・正直、美味しくないです
・日本のお菓子(ポテチは一袋3ドルぐらいします)
・ABCストアと同じようなハワイのお土産

※どれも割高なので、あくまでも「いざ!」と言う時に。

チーズケーキが美味しかった♡

「レストラン」

カイ・マーケット
ラムファイヤー
吉家
ハパス・ピザ
モアナ サーフライダーやロイヤル ハワイアンなどのレストランメニューもルームサービスで頼める

「ブールサイドのバー」

エッジ・オブ・ワイキキ

ホノルルコーヒーやサーティーワンもあるよ♡

ホテルの敷地に入ってすぐの場所に「ホノルル・コーヒー」があります。
奥まった場所にももう一店舗あり、他には日本でもおなじみのサーティーワンアイスクリームのお店もあります。
大人はコーヒー、子供はアイスを・・・が同時に可能にしてくれるのもうれしい♡

ホテル内に託児所(保育園)がある

ホテル4階に託児所「キッズルーム、ポピンズ・ケイキ・ハワイ」が併設されていて、0歳3か月~12歳のお子さんを預けることができます。

アメリカ(ハワイ)では、13歳未満のお子さんを一人にすることは法律で禁止されており、寝ているからと言って、子供だけホテルの部屋に残して数分でも離れてはいけません。(お昼寝をさせている間にコインランドリーへ・・・その間に清掃スタッフが子供を見つけたら通報される、なんとこともあるそう)

こんな時におじいちゃん・おばあちゃんに見ていてもらえたら助かりますが、別行動する日もあると思いますので、そんな日は託児所の利用がおすすめです。

・日本の会社が運営
・日本語と英語のバイリンガルプログラム
・3か月~12歳の子供が対象
・ホテルゲスト以外の方も利用可能
・利用は2時間~/$30(年齢による)~

せっかくの家族旅行、全員で過ごしたいけれど、お子さんと一緒だと自由にショッピングや海のアクティビティができない・・・たまにはレストランでゆっくり食事を楽しみたい・・・という気持ちも芽生えませんか?

そんな時、頼りになるのがこちらの施設。

日本の会社が運営し、ライセンス資格保持のスタッフが対応してくれるので安心です。日本語と英語が話せるバイリンガルスタッフも多数いるので、英語に触れるのが初めてのお子様(もちろん保護者も)も安心して過ごせます。

年齢や預ける時間に応じてプログラムが異なりますが、5歳以上になると海でのアクティビティにも参加できます。

我が家は今回の旅行では預けなかったのですが、実際に預けたことがある友人の話では、お子さんは「また行きたい!」と言うほど楽しい時間を過ごせたようです。

年齢にもよりますが、1時間$30~なので、日本の保育園に一時預かりをした場合とは金額が倍どころか3倍以上するので、ちょっと気が引けますが、内容の濃い英会話教室に行ったと思えば、それほど高くないかも?

他で海でのアクティビティを子供に・・・と思っても、$80ぐらいしますし、しかも親も一緒についていないといけないものが多いので、そう思えばとても魅力的なお値段に見えてきませんか?(すみません、貧乏性なもので・・・)

ベビーシッターの派遣もしているそうなので、ご家庭の状況に合わせてうまくサービスを利用していただけたらと思います。

詳細はこちら

フィットネスセンターもある!

フィットネスセンターもあるようですが、我が家が旅行中は全く気付いておりませんでした。。。




シェラトンワイキキはアメニティが充実!

シャンプー、洗顔等全部そろっているので荷物減らせますね。
特にこだわりがなければ、アメニティでも十分かと思います。海外のホテル特有の「髪がキシキシになった!」とかはありませんでした。

子供用の石鹸も日本から持参しましたが、使いませんでした。

子供用のボディローションだけは、日本から持って行った方が無難かもしれません。

あと、子供用の歯ブラシも!

アメニティ一覧

・ミネラルウォーター×2本
・コナコーヒー(大き目のドリップタイプ)×2
・シャンプー
・コンディショナー
・ボディソープ
・ボディローション
・化粧水
・乳液
・洗顔用せっけん
・手洗い用せっけん
・歯ブラシ&歯磨き粉
 ※子供用の歯ブラシ&歯磨き粉はありません
 ※歯磨き粉はすごく小さいので日本から持って行くor現地購入or都度ロビーで頼む

バスタオル、フェイスタオル、バスマットは人数分の用意があります。
朝、床に置いておけば新しいものと取り替えてくれます。

逆に、部屋に無いものは、バスローブ、パジャマ、スリッパなど。

ミネラルウォーター・コナコーヒーがもらえる

ベッドサイドの机にコーヒーメーカーがあり、ミネラルウォーターとコナコーヒーのドリップが置いてあります。
それがなくなると、ベッドメイキングの際に補充してもらえます。

我が家は「ミネラルウォーターが毎日2本もらえるんだ~♡」と「水」として飲むために外に持ち出していました。
が、帰ってから気が付いたのですが、これはコーヒーを飲むための水・・・

コーヒーメーカーでコーヒーを淹れるためにこの水を使いなさいねってことだったのですよね・・・(笑)
まぁ、コーヒーを全部飲んだと思えば結果は同じことなので悪いことはしていないはず・・・

冷蔵庫(冷凍庫のように機能する箇所あり)ももちろんあるので、ABCストアなどで大き目のお水を買い、空いたボトルに入れて冷やしておくのもGOODです。小さいボトルの方が割高です。




シェラトンワイキキの充実のサービス・設備をご紹介!

シャワーヘッドが取り外せる!お風呂事情

→取り外せるけど、水圧強め。子供には痛すぎる。カランの栓のようなものを持ち上げるとシャワーが出る仕組みなので、一人で入れる小学生ぐらいのお子さんには少し難しいかも?

コインランドリーもあるよ!

5階と18階にコインランドリーがあります。

ドラム式の洗濯機と、乾燥機が2列に並んでいます。

どちらも一回5ドルかかるので、洗濯・乾燥どちらもすると10ドル(千円ちょっと)かかります。

1ドルコイン×5枚必要になりますが、ルーム内に両替機があるのでご安心を。
クレジットカードも使えますが、我が家が試したところ反応せず。。。現金があると安心です。

洗剤も自販機で購入可能ですが、我が家は「ジェルボールを3つほどジップロックに入れてもっていきました。

洗濯30分程度、乾燥40分程度ですが、洗濯機から乾燥機に移す作業があるので、一度ルームに戻る必要があります。

コインランドリーのドアの開錠にはルームキーが必要なので、ホテルの宿泊者・関係者以外は基本的には入れないことにはなっていますが、いってみれば「密室」になるわけなので、女性一人だけで行くのは極力避けた方が良いでしょう。

我が家が使っていた時も、宿泊客だとは思いますが、酔っぱらった男性二人が途中で入ってきたので、ちょっと怖いなと思いました。

ホテルの中とはいえ、日本とは違う、密室、ということを頭にいれて注意して使用していただけたらなと思います。
女性だけの場合は、できるだけ日中の方が良いかもしれませんね。

お子さん連れの場合は着替えもたくさんあるでしょうし、途中で思った以上に服を着替えた!ということもあるかもしれません。

それに、旅行から帰った後の大量の洗濯物・・・と考えるとせっかくの楽しかった旅行も帰るのが憂鬱になってしまうので、帰る前日などにまとめて洗濯・乾燥をして、帰国後はタンスにしまうだけ!となっていたらかなり楽ですよね♪

コインランドリーもうまく利用し、楽しい旅行にしていただけたらなと思います♡

ベッドメイキング・シーツ替えは必要な時だけ

・シーツを替えてもらいたい時だけ専用のカードをベッドに置く
→エコのため。子供と一緒だと汗だくになるので、毎日替えてもらったけど、両親は2日に一回、などエコに協力。

※宿泊人数×1ドルのチップが目安。ベッドをシェアしている子供の人数は入れませんでした。汚してしまった場合は気持ち1ドルプラスしても良いかも。

スタッフさんはとても安い給料で働いているらしく、チップがないと時給200円ぐらいになってしまうこともあるとか。なので忘れずにチップを置いてくださいね!

チップはベッドサイドのテーブルにわかるように置いておくと良いでしょう。

寝る時の温度調節が難しい(エアコンfor子供)、普通のシーツなので肌に張り付く。日本ではひんやりシーツを使っているから普通のシーツは寝にくかった。掛布団は暑いので、おくるみを持ってきて正解だった

ホテルの部屋のテレビでYouTubeが見られる!

シェラトンワイキキホテルの部屋には大きなテレビが備え付けられていて、そのテレビはネットにつながっているんです・・・

どういうことかというと、テレビでYouTubeが見られるんです!!

え?!今のホテルはどこもそれが標準装備なんですか?!(かならい久々の旅行なのでわからず)

つまり、荷物の整理をしたい時とか、出かける前の支度をしたい時とか、ちょ~っとお子さんに静かにしていてもらいたい時に便利なあの!YouTubeをテレビで見ていてもらえるんです!

無料Wi-Fiの利用サービスもあるよ

ホテル内には無料のWi-Fiも飛んでいます。

ショッピングモールやトロリーでもWi-Fiが使えるので、メール、SNSは普通に使えますね。
ただし、年配の方や機械に不慣れな方は、その都度設定が必要なので不便かもしれません。

 

コネクティングルームがある

他のホテルにもあるかとは思いますが、親子3世代の旅行にはコネクティングルームがおすすめです。

通常は別々の部屋として使わせている部屋ですが、中の扉を両方の部屋から鍵をあけると、部屋同士がつながる仕組みです。
朝の支度をしている間など、となりのおじいちゃん・おばあちゃんの部屋で子供たちを見てもらっていたり、ちょっとした時にこどもが気軽に行き来できるのがとても良かったです。

確約はできないので、ふたを開けてみたら同じ階でもだいぶ離れた部屋・・・ということもあります。そんな時はJTBで申し込むとGOODです!↓

親子3世代 JTBで行く初めてのハワイ旅行親子3世代(私の両親、私たち夫婦、未就学児2人)計6人で初めてのハワイ旅行に行ってきました。 両親がスポンサーとなってくれたので、...



まとめ

これだけホテル敷地内だけでも充実しているシェラトンワイキキホテル。
急な雨、お子さんの発熱、ご両親が疲れて今日はお出かけが無理そう・・・なんて時も、充実して過ごすことができます!
年配の車いすで過ごされている方もちょくちょく見かけたので、親子旅行でも過ごしやすそうです。

ABOUT ME
yamayo
TOEIC900点を目指す働くママ。 ズボラ・三日坊主・不器用と三拍子揃った人間ですが、便利家電や冷凍食品を駆使して時短に励み、勉強時間を作っています。夫も協力的になり、平穏に向けて歩み始めたところです。